22.04LTS で codedeploy-agent を動くようにした

Posted on 2022-06-05 in zakki

Ubuntu をアップグレードしたら Codedeploy-agent が動かなくなったことを書いたのだけど、少し日を開けてissueを見たら WA な方法が投稿されていたので真似して対処した。

(忘れたりして後々面倒なことになるので)あまりワークアラウンドな対処はしたくなく及び腰だったのだけど、先日より nginx の開発・リリース活動が再開されていてこのサーバ(で動いている nginx)のアップデートも可能な状況だったのでやってしまうことにした。

ワークアラウンドの内容は箇条書きで書くと以下で、大まかにはruby-webrickのインストールと deb パッケージの修正が主要なところ。deb パッケージの修正と再パッケージ化は昔同じような状況になったときに実践した気がしたのだけど、まったく覚えていなかった。今回改めて、へーやらふーんやら言いながら手を動かした。

  • ruby3.0 関連
    • ruby-fullのインストール
    • ruby-webrickのインストール
  • codedeploy-agent 関連
    • パッケージダウンロード
    • パッケージ修正
    • 再パッケージ化
    • 再インストール(前バージョンのアンインストールは実施しなくてもよかった)

webrickが見つからないログは発生しなくなったので成功かと思う。 codedeploy-agent も動作してデプロイラインが復活した。

# systemctl status codedeploy-agent
● codedeploy-agent.service - LSB: AWS CodeDeploy Host Agent
     Loaded: loaded (/etc/init.d/codedeploy-agent; generated)
     Active: active (running) since Sat 2022-05-28 22:12:43 UTC; 24min ago
       Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
    Process: 70818 ExecStart=/etc/init.d/codedeploy-agent start (code=exited, status=0/SUCCESS)
      Tasks: 2 (limit: 1105)
     Memory: 80.3M
        CPU: 1.572s
     CGroup: /system.slice/codedeploy-agent.service
             ├─70824 "codedeploy-agent: master 70824" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" "" >
             └─70826 "codedeploy-agent: InstanceAgent::Plugins::CodeDeployPlugin::CommandPoller of master 70824"

May 28 22:12:42 ip-172-26-6-169 systemd[1]: Starting LSB: AWS CodeDeploy Host Agent...
May 28 22:12:43 ip-172-26-6-169 codedeploy-agent[70818]: Starting codedeploy-agent:
May 28 22:12:43 ip-172-26-6-169 systemd[1]: Started LSB: AWS CodeDeploy Host Agent.

デプロイラインも修正できたので、nginx のバージョンアップも実施した。現在 1.22.0 です。何故か AWS クレデンシャルが古いとかが関連してちゃんと動かすまでに結構時間がかかった。Codedeploy-agent、Lightsail で動かすことに若干の(精神的な)重たさを感じている。

ubuntu Codedeploy