ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD を打開した

Posted on 2021-07-31 in zakki

スカイウォードソード HD、打開しました。 購入する予定は特に無かったのですが、会社帰りに駅中で広告を見かけた際「へー 7 月 16 日発売かー … 今日じゃん」的な間抜けな気づきと同時に感じたタイミング的なサムシングにより、自宅に着いたと同時にオンライン購入していました。


ゼルダはブレスオブザワイルド以来(しかも途中まで進めて積んでる)で「あーゼルダってこんな感じだったなあ …」とか思いながらプレイしていました。適度な謎解きと適度なアクションで進むあの感じに心地よさを感じつつ。

と、序盤から中盤は思っていたのですが、進むにつれて何だか色々と時間が長く感じるようになっていったのが新鮮だった。例えるなら、過去作の経験から来る「もうそろそろラストだろ」と思っていた感覚とは裏腹にまだラストがやってこない感じ。これはなんだろう、終盤の方にあったおつかいを多少冗長に捉えてしまったからかもしれない。詩集めはその感覚が強いかなあと思っている。

精神世界?みたいなところに入ってスニーキングしながらしずくを集めるアレは最初新鮮で楽しかったのですが、さすがに 3 回もやられると若干飽きが来ていて「またこれか …」となったのもありました。

上を書いていて思ったこととして、以前は本編以外の寄り道なんかも熱心に楽しんでいたような気がします。今回はまったくやっていない。これはもう、ゲームを早く終わらせねば、という謎の焦りみたいなところが来ている気がしてならない。心のどこかで「無駄なことをしている」感覚があるんでしょうね。嫌だ嫌だ。


今回はジョイコンを両手に持って手首を使って実際に振ることでリンクくんの剣の操作と出来ます。(プロコンでも操作出来てその場合はスティックの 8 方向入力が剣の操作になる。)剣を振るときは 8 方向と真ん中から剣を入れるように出来ていて序盤の学校で入力の練習も出来るのですが、これが敵を斬るときにも生きてくるように出来ていて楽しかった。敵は左をガードしたり右をガードしたりするので、その反対から剣を入れると斬ることが出来るようになる感じ。なお真ん中は突きになります。突きに関してはスティックを「押す」ことが必要なので、序盤は入力に慣れなかったのですが、それこそ序盤だけだったので結構楽しめました。


ゼルダさんの幼馴染感がすごく気に入ってしまいました。序盤にあった、学校まわり - 試験の鳥レース - 女神上での二人の会話 - 竜巻落下、のシーンはもう数回見たいくらい好きかもしれない。ゼルダさんを救うために冒険するわけなので、落下以降はそんなにゼルダさんと会えないわけなんですが、序盤のダンジョン(古の大祭殿)だとボス戦の直後に再開する(けどまた別れる)シーンがあったりして、そこでの所作もいかにもヒロインしてて好きですね。 今回は今回でキャラクターの顔がまた見ない感じだなとか思っていたのですが、慣れたのでしょうあまり気にならなくなりました。


打開したら辛口モードなるものが出現したのですが、今のところそこまでではないので一旦お終いかな。

最近はゲームを途中で置いてしまう傾向が強くてもうこれは完治しないかな … と諦めていたのですが、自分の中で気に入ることがあればストーリーは最後まで見ようとするんだな、という自分の面も知ることが出来てそういう意味でも収穫でした。

ゲーム