なだらかな変化

Posted on 2020-06-15 in zakki

この前の日曜日に久しぶりに近くのラーメン屋さんに繰り出してみたのですが、店員や客同士を遮るような透明なシートとか何も無くて何だか落ち着かない夕食となってしまった。まあ他に誰も客がいなかったのでシートが無いことによる影響はそこまでだと思うけど。当たり前の話だけど、つい数か月前はそんなことを気にもせず、月に数回訪れてラーメンを食べていたんだよなあと考えると、自分はこのコロナ禍の中でもそこまで大きな精神的支障をきたさずやってきたつもりであるけど、そんなことは決してなくて自分でも気づかないほんの小さな所で不安や異常を心に積もらして生きているのかなあ、と今更頭に浮かばせつつ味玉付きの味噌ラーメンを胃の中に収めたのでした。

早く日常に戻ってほしいという思いは確かにあるんだけど、たぶんそのような煌びやかな明るい未来 ( と自分がはっきりと認識できる状態 ) は無くて、今ある現実が未来に向かってなだらかに変化していくその小規模の変化量に対して、都度色々なことを期待して裏切られて多少報われて生きていくことになるんだろうと奥底では考えている。本質的な所は実は何も変わっていないのかもしれない。

こんなことを書きたかったわけでもないのですが、まあ主題を決めずに書き出すのはいつも通りなのでこうなってしまうのも仕方ないと言える。今月はもう一回ぐらい味玉付きを食べようかな。

雑談