2019 年お疲れさまでした

Posted on 2019-12-31 in zakki

今年も一年お疲れさまでした。

Blog

1 年で計 27 エントリ。ここを開設した去年のエントリペース (8 エントリ / 月 ) から考えると、やはりどうにも少ない感じに映りますね。自分なりの指標として「1 か月につき少なくとも 1 エントリは投稿する」というものがあるのですが達成出来ていない月もあったりで、「アウトプットの意思」は意識し続けていたほうが良さそう。書く内容こそあれど、人間なので、疲れていたりどうにも気分が乗らない日があることも事実でして、休日にガッと書くスタイルだとどうしても途切れる確率も上がるのかと考えていて、毎日少量でもいいのでエディタに向かって文字を打つ事が結局一番の近道なのかなとか。

エントリ内容的には必然的にまあそうなるよな、と言った感触。本サイトのチューニング+インフラ基盤要素 ( 監視、構成管理、IaC、ログ ) が主となりました。自身としてはやはりこの領域への興味が一番強くスキルを強化したいという思いもあり今後も継続して勉強していきたいところです。その余波なのでしょう、自分はどうも入れ物を持つことが好きなようで定期的に VM を作りたくなる病があり、それに付随したエントリも書きました。ただ Win10 をインストールし直した時に WSL を WSL2 へ移行して Hyper-V が稼働した関係で Vagrant が大分扱いにくくなってしまったこともあり、今後選択する仮想化は Docker なのかなあ、と考えていたりします。

ポートフォリオ

こことは別にポートフォリオを作成しました。自己紹介とか職歴とか記載しておりまあそういう用途なので察していただければと思います。

ここと同じように Pelican で作成しても良かったのですが、どうせなら別の技術スタックでと思い立ってしまい結果 Nuxt.js と相成りました。( ここの CSS をチューニングするために JS は触りますが ) 経験量的にはほぼゼロからのスタートだったため、あの程度のページを作成するのに 1 か月ほど期間を要した記憶があります。慣れないことはするものじゃないけどそうしないと経験にならない。いやあ厳しいところ。

CI/CD で AWS CodeBuild 使用したのも初めてじゃないかな。デプロイの時のパーミッション周りであーだこーだあったことを除けば、すんなり動いていただけたので満足です。

資格

5 月に AWS SSA を取得しました。AWS Summit Tokyo に間に合わせた感満載ですみません。

取りたい気持ちはありつつ触ってみたい技術に時間を割きたいことも多いので、より長期的に取り組む必要がありそうだなあと思っています。まずは SysOps かなと思いつつ、Network も面白そうだなあと思ってみたり。

Github

経験のため「1 回ぐらいは OSS にプルリクすべきだよなあ …」と思っていましたが、思いのほか早めに経験してしまったので、逆に以降のペースが鈍ってしまった感があります。お仕事を含めて普段そこまで OSS に触れる生活をしていないからなあ … と思いつつ、そんなこと言っていても始まらないと思うので頻度を高めていかないとなあという気持ちはあります。

ガジェット

以下を買いました。

左右分割キーボード

Lily58Proです。今年はブームだったのか良く分かりませんが、エンジニア系のブログでも見る機会が多く自分もそのエントリを見て「ほぉ~」と気になり始めた時、何の気なしに同僚に話を振ってみたところ「俺も持ってるよ!是非作ってみて!」と強く推されたのでホイホイとそれに乗って注文して作ってしまったものになります。はんだごて ( とはんだ ) が都合良く自宅に置いてある人間でしたので勢いで注文しても何とかなりました。

  • Lily58Pro
  • Kailh ロープロ白軸スイッチ
  • Kailh ロープロ刻印キーキャップ ( 一部無刻印 )

が構成となります。白軸なので思ったよりカチカチ言います。職場で使用するなら別な軸のほうがよいかも、というぐらいの音です個人的には。

8 月あたりに組み立てて使い始めましたが特に目立った故障も無く軽快に動作してくれていて中々に満足しています。もし故障したとしてもスイッチ周りであればサッと取り外して取り換えるだけというのも強いなあ、と思っています。もちろん違うスイッチを試してみたい時にも手軽に出来ます。僕はカチカチが気に入っているので交換したことはないのですが …。

購入する前に評判などを一通り読んだ時はありえないと思っていた「キー数をもっと少なくしたい」という感覚が何だか分かってきました。いやこれ使用すると分かるんですけど、一番上のキーは使用頻度が少なくてですね。そのキーを取り除いても問題無さそうだよねということです。ホームポジション+上下 1 ライン+親指の補佐キー数個があれば最低は賄える気がする。ただ、それのために複数台所有するところまでは至っていないのでしばらくはカチカチ言わせていると思います。

スマートフォン

Google Pixel 3a です。先代 (AQUOSPHONE 106SH) は 7 年ほど前線で戦ってくれました。今までお疲れさまでした。

あまり携帯デバイスには興味が薄く基本機能が動作すれば買い換えようと思う事は稀な性分なのですが、年季が入れば入るほどさすがに基本機能の動作も遅くなってしまいました。加えて先代の Android のバージョンが 4 という古代機だったことがさすがに尾を引いたのでしょう、LINE がバージョンアップしてしまったことで動作しなくなり「これはさすがに …」と思い、買い換えを決断をしました。まあそこまで LINE を使用しているわけでもないのですが …。

Pixel 3a を選んだことにはそこまで深い理由は無かったのですが、

  • iPhone はなんとなく嫌
    • 先代 OS が Android だったので同じ方が何かといいでしょう
    • 皆 iPhone 触っているので
  • ある程度のスペックがあったほうがいい
  • 数年使っても問題なさそうなもの
    • Android のバージョンアップも含む
  • 5 万以下だと嬉しい
    • 携帯デバイスにそこまでお金はかけたくない …
  • 近々に Pixel4 が来るとか来ないとかで世間が騒いでいた

とかその辺を鑑みてエイヤっと公式サイトで注文しました。Pixel4 ではないのは主にお値段のせいです。

ついでに脱キャリアしました。毎月のお値段がアレだなあ~と思い続けていましたがこの機会にと。本当は MNP 転出の移行期間に実施したかったのですが、それを待っていたらオリンピックも終わる頃になってしまってさすがに耐えられないので、仕方なく転出分の費用を払って実施しました。今回、転出するにあたりキャリアの Web ページをもとに進めましたがいやあ引き止めが凄いですねアレ。こういうところがアレだよなあ … とか思いながら進めた記憶があります。店舗に赴かずに解約できたのは助かりました。今までありがとうございました。

読書

以下の本を読みました。( 途中のものを含みます。小説は除いています。)

  • DNS がよくわかる教科書
  • Linux のしくみ
  • リーダブルコード
  • 入門 Prometheus
  • 入門 監視

感想とか書かないと言った記憶もありますがやっぱり内容と感想メモのセットを残した方がよいよなあ、と考えており自分の Scrapbox にまとめ始めたのが最近です。何故かというとですね、結構簡単に内容を忘れるんですね。それはもう気持ち良いぐらいに忘れてしまっていてですね。これはおそらく良くないですね、とそういうことです。

これは余談ですが、先日 Nitendo Switch でリリースされた脳を鍛えるやつを購入して遊んでいるのですが、短期記憶力がものっそい危険で、短期記憶力テストのみだと脳年齢が 70 歳代と表示されましてですね …。元々覚えるのが苦手な自覚はあるのですが輪をかけて酷くなっていることに厳しさを感じています。( 一応自己弁護すると、その他のテストでは 20~30 歳代と表示されるんですよホントなんですよ。これはあれか、若年性認知症とかそういうあれか。)

インフラに興味が行くことが多いのでやはり本もそちらに寄るのだなあと改めて感じますね。と思って、少しジャンルが違うリーダブルコードを購入したのですが、全体的に読みやすくて最後まで読むことができました。ただ、これはコードを本格的に書くとより一層効果を発揮するのかなあと思っていて機会が来たら再読したいなあと思っている本の一冊です。

仕事

悩むことが多い年でした。

部の体制であったり方針であったり自身の方向性であったり。安定?している環境と言えば聞こえは良いのだけれど、(SpreadSheet は使用できる環境ですが ) 作成や更新をするのはファイルサーバーにある Excel であり ( チャット環境はありますが ) メールによるコミュニケーションは加速し手動作業が多いことに対する自動化の兆しは見えず作業の誤りに対するアバウトな精神論 ( しっかりとやれ、みたいな ) が飛び交う現場、に対して一体私はどうすればよいのか … という点に対しての悩みが強かったでしょうか。

仕事の内容ごとに使用するツールが変化するのは当然だと思うし、メンバーの指向やマインド的に安定思考が強いのであればレガシー環境に身を寄せることも一つの案ではあると思うけどそれは会社のため ( 環境がもたらす不確定要素の撤廃・安定化 ) であって、市場価値的な話をすれば決して " 私たち " のためでは無いよなあと考えたりもしつつ。自身が音頭を取って進めるべきなのか、はたまた会社から離れたほうがよいのか等。

… 既に自分の中では答えが出ていそうな気もするのですが、もう少し留まって考えることにはなりそうです。

雑談