供養

Posted on 2019-11-30 in zakki

SSD を 2TB の新ディスクに新調して Win10 再インストールとかやっていました。

環境を作るにあたり、昔は導入したけど今回はもういいかな … 的なものもやはり出てきまして、それの一口メモとなります。この情報で誰が得するのかと言われれば間違いなく自分だけなのですが、まあそういうものでもいいのではないかと思います。( 何が?)

EAC & Player

CD のリッピングソフトウェアです。

昔はそれこそ馬鹿みたいに CD を買っていた記憶があります。同人 … とか、コミ … とかまあそういうところで。いわゆる音楽 CD も人並みには買っていたと思います。そこから足が遠のいた、というのものがトリガーかどうかは分かりませんが最後に買ったのはいつだったっけ …、と記憶を手繰り寄せないと思い出すことが難しいぐらいには買う機会がめっきりと少なくなりましたね。

サブスクリプション系の各種サービスはもはや当たり前のように皆様の目の前に存在していて、いやあ便利な時代になりましたねといったところ。( と言いつつ私自身は何かのサービスを購入しているわけではありませんが …)

EAC は CD から 曲の順番や長さや曲間のギャップを検出して、それを CUE というファイルで残し曲データとともに保存します。ただし、曲のタグ情報は取れない ( いちおう freedb という情報を取る機構は存在しているのだけれどもマイナーな CD は情報自体が無いのでそういう時に困ったことになる ) ので、そこを Player というソフトウェアで補完します。CD のメタデータから GracenoteDB という DB に問い合わせて情報を取得して、EAC で読み込んで反映させるみたいな。

この作業を買ってきた CD 一枚一枚に対して、手作業で丁寧に精魂込めてやっていたことを考えるとだいぶアレだったのだなあと今では思いますね。でもなんか不思議なんですけど楽しくないわけではないんですよ。コミ … で買ってきたようなマイナーすぎる CD は、買った当日には DB に問い合わせたとき情報が出てこなかったりするのですね。その瞬間、手作業でタグを打つことになる面倒くささを感じると同時に「へーまだ登録されていないんだ …」という自分だけがこの状況を知っている孤独感だったり優越感だったりそんな感覚を持つようになっていましたね。わかりません?わからない?ああそう …。

この機会に少し調べてみると Gracenote さんも API を公開なされていてそれを利用して楽曲情報の検索とかできるようですね。API を使ったものなら僕でも … と思って Gracenote さんのアカウントを作ろうとしたのですが作成するページが無くて、更に既に API を利用したプロダクトを公開している方はつい最近 API のレスポンスが無くなってしまったとか書かれていて、こちらはこちらでなんともはや … な感じでした。

今書いていて思い出しましたが PC の音楽プレイヤー事情とか今どんな感じなのでしょうね。少し検索して見ると MusicBee とか Gracenote を標準装備していて便利な匂いがします。昔は自分も foobar2k でスキンがどうたらやっていましたね …。今や昔 … 懐かしい。

Comodo Internet Security

当初は FW だけを導入したかったのでした。FW を入れたいだけだったのが、いつの頃からかインストールする時はウイルス対策もセットになってしまって身重になったなあ感が強くなり、長らくまあまあで運用してきましたが今回はもういいだろうということで。

FW を入れようとしたきっかけは、その辺の事を学ぼうとしたときにまずは自身の PC で試してみようという単純なものだったように記憶しています。Windows や 各種アプリケーションの通信状況を確認するという意味では初学者にとっては勉強になったので実りがあったのかなと思います。

最近は機能検証を行ったり何かを導入したりする際の阻害要因になることが多く ( キチンとメンテナンスや設計ができていない僕のせいとも言う )、そのような時に原因について思案する箇所を減らしたい&インストールするもの減らしたい、という気持ちからいったんお別れしようかなと。

セキュリティ製品も今現在どのようなものが一般的かよく分かっていませんね。Windows Defender で済ましたいと考えているけどダメ?

Peercast

学生時代から社会人になってからある程度まで結構お世話になったものです。

自分はコミュニティというものに参加すること自体がそもそも得意ではないなあと薄ぼんやり思っているのですが、「コミュニティと言えるほど人の集まりがかっちりと固まっていない」「比較的似たような人がどこからか集まってくる」「視聴しようと思えば誰でも視聴出来る ( でも少しの設定が必要 )」と言うような環境が居心地がよかったのでしょう。少なくても 1 日数回、多い日は 1 日まるまる、YP( イエローページ、番組表みたいなもの ) を更新して、見たいものを見るような生活が続いていました。自分のことながら本当に酷い …。少しの設定、という箇所がまた良いのですよ。人が篩にかけられる感じがしませんか?今考えるとまったくそんなことはないよなあ … と少し恥ずかしくなるのですが、当時はそんな思いを少なからず持っていてそのような箇所も気に入っていた記憶があります。… 若いって素敵ですね。

何がきっかけだったかは忘れてしまいましたが、界隈への興味が薄くなり、それに引きずられて視聴する機会が少なくなり、もう今では数か月に 1 回あるか無いか程度まで落ちてしまってもう導入しなくてもよいのではないかな?と思いこのようなかたちと相成りました。内容への飽きも少なからずありますね。

今現在存在する各種配信・ライブサービスを見てみても大抵「なんか昔見たなこういうの …」となってしまうぐらいには本当に多種多様なもの ( ゲーム映像や企画や人自身 ) を見させていただいたので、いい体験をしたのかなあとは思っています。特に「人」には結構影響を受けていて、自分の人格形成にも少なからず影響を及ぼしていると思っています。それが良いものかどうかは置いておくとして。世の中には色々な人がいらっしゃるなあと思うことばかりでした。

これのために開けていた TCP ポートを閉じて完了というところかなあ、と。今までありがとうございました。

雑談