逡巡

Posted on 2018-10-03 in zakki

同僚と飯食った後に

本屋寄ったんだけどその時目にした本を買えばよかったかなあ、とか今更ながら思ったりもする。「エンジニアの知的生産術」ってやつ。

技術書って、役に立ちそうなものはもちろんあるのだろうけど、それと同じくらいに全力で引っ掛けようとしてくる(は言い過ぎだけど)(というか自分にとっては引っ掛けと見えてしまうだけで著者本人やほかの人はそんなこと微塵も感じていない)印象がものすごく強い。

ものすごくざっくり言うと、買う際にめっちゃ考えて判断するのがしんどいなあって棚の前に立って感じること。疲れるんだよ。

自己啓発系って

苦手なんだよね。いかにも、って感じじゃん。いかにもって。友人宅の本棚にあったら「おっ」って思ったあと、色々な感情が渦巻いて、最終的に全く触れずに帰るぐらいいかにも。わからねーよそれ。

んでこれもそんな感じなのかな、でもGihyoだしな、とか思って手を出してパラパラめくったら想像とは違っていい感じ。

なのはいいんだけど、昔言われたことのオンパレードな感じもしてきて、読むにつれ「うーん」って感じたんだよね。「目標は細かく区切れ」とかその辺まさに。

いや別に買う本の内容が全部知らない内容である必要はないし、そりゃ10数年会社員やってて研修もそれなりに受けたから聞いたことの一つ二つは書いてあるだろうし別に珍しい事じゃないんだろうけど。

飲まれてる感

が嫌いなのかな。それに首ったけになってしまってもうそれしか見えていないような。

そこに書いてある流行り言葉でカッコヨイ言葉(と当人は思いこんでいる)を何の前触れもなくいきなり使って鼻を鳴らす、ってそこまでコテコテな人はいないと思ってるけどね。

本から臭ってくるんだよねそういう匂い。

いい大人だし

そんなものは気にせず(ここまで気にしてるとお前はどう考えてもそんなことにならないから余計なこと考えんなバーカって第二第三の僕が言ってる)いこうかなって思いも強いです。さあてどうしようかな。